--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-07-10

中華人民共和国・大韓民国 まずやるべきことは自国民の生活の向上ではないか

中華人民共和国のとっても、大韓民国にとっても、まずやるべきことは自国民の生活の向上ではないか


中華人民共和国も、大韓民国も、
戦前の日本は、南京大虐殺をやったとか、従軍慰安婦をやったとか、
最近になって言っています。

中国では、毛沢東も、周恩来も、蒋介石も、そのようなことはひとことも言っていないし、
大韓民国でも、李承晩にしても、朴大統領(お父さん)も一言も言っていません。

要はどちらも事実ではないのです。
日本を陥れ、日本から金をせしめるための、口実です。

日本は、中国や、韓国の政権が変わるたびに、
謝らせられて、金を払わされてきました。





日本は、欧米列強・西欧白人がやってきた、
人種差別、植民地化、奴隷制度をやめさせました。


文明開化、殖産興業、富国強兵、脱亜入欧、満蒙開拓、八紘一宇、五族協和の精神で、ひとづくり、国づくり、産業振興、科学技術の振興を図りました。


日清戦争や日露戦争や太平洋戦争は、
資源がなく輸入を止まられる危険性、
欧米列強から侵略される危険性にさらされていた、
日本が生存していくための防衛戦争でしした。

明治から、大正、昭和のかけての戦争で、
国を守るために、多大な軍人が死亡しています。
遺骨の収集も、未だに出来ていません。

明治時代には、日本人の娘たち約30万人が、
娼婦として東南アジアから中東・アフリカまで売られています。

植民地とは、現地住民を安い労働力でこき使い、富を本国に搾取する制度です。
日本は日本人の税金で、台湾、朝鮮、満州で、現地人に教育を行い、開拓し、産業を振興させ、インフラを整備しました。
日本の周囲で、援助の要請に基づき、日本の防衛にもなりますから、
台湾、朝鮮、満州を、文明化、近代化したのです。

太平洋戦争では、日本は敗戦し、日本は占領されましたが、
大日本帝国の軍人の中には日本に帰還せずに、
現地に残り、独立戦争や国づくりを支援しています。


第二次世界大戦で、民間人が虐殺された最大の国は、日本です。
広島・長崎の原爆、東京や名古屋など主要都市に対する空襲、それらの民間人の死者は約300万人です。

日本はアメリカに占領されましたが、国体の根幹はかろうじて維持し、東西対立も発生し、朝鮮戦争も勃発したので、日本国民が覚悟していたよりは、寛容なものでした。
日本人は、過去より現在、そして未来を考え、努力をします。
アメリカの意向とうよりも、指示に従って、国を再建して、国民生活を向上させてきました。


現在の日本は、先祖の多大な犠牲者の元に成り立っているので、
国民一人一人としても、各家庭としても、国民全体としても、
神道・仏教により、先祖を祀り、慰霊を行い、
感謝の祈りを捧げるのは当然のことです。
そのような神道・仏教による先祖の崇拝により、
神霊界のご加護があり、日本および日本人が守られています。


中華人民共和国の民衆にしても、大韓民国の民衆にしても、
政府やマスコミの日本批判を信じるよりも、
現在の自分や家族の生活を考えたらいかがですか。


衣食住が基本です。基本的人権である生存権です。

安全な環境が維持され、健康で、文化的な生活は、できていますか。

思想と行動の自由はありますか。

就職して、最低限の生活が出来るだけの賃金はありますか。

中国の場合、政治的意思表示をする、選挙がないのですか。

軍事に金を使うよりも、国民の福祉に金を使わないのですか。

日本を批判したり、日本を攻撃して、一般民衆は特になることがあるのですか。




私は、中華人民共和国や大韓民国の人たちが、
自分の現実の生活の改善よりも、
自分が生まれる前のこと、
中華人民共和国、大韓民国の建国以前のことに興味があることが不思議に思います。


国家の教育と、マスコミの統制により、
現状を見ない、未来を考えない、真実の世界史を知らないのでは・・・
民衆は弾圧されて、政府の野望に従って動かされている感じ。


中華人民共和国がどうなるか、
大韓民国がどうなるか、
それはそれぞれの国民が決めることだけれども、
日本を巻き込まないでくださいね。


日本は、右も、左も、中道も、戦争反対で、意見はほぼ一致。
日本の若者を、中国や、朝鮮で、無駄死にさせてなるものか。
現実には、祈るだけでも、デモをやったところで、平和は達成できません。

中国は弱い者いじめが好きで、強いところとは戦争はしません。

日本人が平和ボケしすぎたから、
共産中国を信じて、経済と技術の援助をやりすぎたから、
このような事態になったのです。


日本が科学技術と経済力で、
躊躇せずに、防衛力を圧倒的に強化して、
アメリカをはじめとする同盟国と協力して、
中国に、戦争を諦めさせる、侵略を諦めさせるしか、
方法はありません。

そのようなことは、戦争を避ける事ですから、
中国や韓国の若者のためにもなります。

何よりも、世界支配層と日本が協力することになります。







スポンサーサイト
2014-07-10

日本の周囲が極めて危険な状態の時に、日本を守る準備を大至急やる必要がある。

日本の周囲が極めて危険な状態の時に、日本を守る準備を大至急やる必要がある。

中華人民共和国と戦争をしないということは極めて重要です。

中華人民共和国内部で、すでに複数の有力者一族が、国外脱出して逃げていることは事実です。

中華人民共和国が行き詰まり、
日本などの周辺諸国に攻撃を仕掛けてくる恐れもあります。

日本を守るためには、日本が戦後防衛力の整備を怠ったために、
日本だけの力では不可能で、
日米同盟をはじめとする西側諸国との連携が重要です。

平和を達成しうるためには、
全くの丸腰で、神様に祈ったり、戦争反対のデモをやるのではなく、
日本を攻めることを諦めさせる防衛力と、それを施行する法整備が必要です。

中華人民共和国も、大韓民国も、自国民の不満が政府に向かないようにしています。
国民の大多数が生まれる前、どちらの国も建国前の日本を悪くでっちあげて、国民の不満を外に向けているのです。
もっとも困る事態は、両国国民が、無秩序に舟で国外に脱出して、海を渡ってくることです。
そうならないように、上陸前に制止するしか、方法はありません。
きらいな日本から脱出して、日本には来ないでください。

憲法を改正するのは、
筋論としてはそのとおりなのですが、
事態は切迫しており、間に合いません。

中国との戦争を避けて、
南北朝鮮の問題に介入しないということについては、
日本人であれば、左も、右も、考え方は、ほぼ一致しています。
反日韓国のために、日本の若者を戦争に行かせることは、
右翼も、左翼も、中道も、日本人ならば全員反対です。

問題は、韓国、在日が、中国と一緒になって、
日本を攻めてくる、内部撹乱をする可能性があることです。
日本のマスコミは在日の影響下にあります。

集団的自衛権反対として、
首相官邸を包囲していたことを報道するデモの映像に、
福島瑞穂(在日)と思われる姿が映っていました。
だいぶ事情が読めてきましたね。
従軍慰安婦を捏造した元凶が、福島瑞穂であると、ネット界では言われています。

本日、近くの駅で、集団的自衛権の反対の演説をやっているのは、
草稿を棒読みしている中年女性でまったくの素人。
聞いている人は全くいません。
日本共産党ではなかったですね。
共産党であれば、日本共産党と名乗るし、もう少し演説がうまい。

韓国政府が朝鮮戦争時の元従軍慰安婦によって訴えられました。
韓国の従軍慰安婦は、韓国の内部問題で、日本人はお客さんだったのです。
韓国人の元従軍慰安婦が真実を述べ始めました。
慰安婦を強制連行したのも、性奴隷にしたのも、
当時の韓国政府であったことが、明らかになりました。
次第に韓国人は自国政府の言っていることが嘘であると認識してきました。


現在、中国首脳と韓国首脳が会談するのか、しており、
北朝鮮が日本海に向け、ミサイルを発射しました。

中国が戦争の準備をして、日本など周辺諸国を侵略しようとしています。
韓国が中国によりそって、日本攻撃をたきつけている感じです。
自分の国、自分の民族は、自分で守るしかないのです。
日本以外の戦闘であっても、同盟国アメリカの後方支援は絶対に必要。
朝鮮戦争でも、日本は戦後間もない時期であるのにもかかわらず、
米軍特需を生産し、米軍の後方支援をしたからこそ、
日本は独立を果たして、日本経済は復興したのです。


日本の周囲が緊迫しており、
日本が攻撃される恐れがある今日、
防衛力を強化する、防衛関係の法整備は、緊急課題。

中国・韓国から攻撃されないように、
アメリカに引きずられすぎないように、
注意をしながら、防衛体制の整備しよう。





2014-07-10

ブログ再開 2014年7月

2008年にブログを開始しましたが、他のメインのサイトやブログが中心であり、こちらは開店休業の状態でした。

2009年のリ-マンショック
2011年3月の東日本大震災、
心配された2012年末には何も起こらず、良かったと思います。

しかし、日本をめぐる世界情勢は厳しく、地震や、戦争の心配もあり、
考えていること、やろうとしていることを、気軽に述べようと思います。

私のメインブログのアメーバブログに、何でも記載していた状況ですが、
アメーバブログの方は、写真・映像・映画、モデル・アイドル・女優がメインコンテンツであり、
日本のこと、世界のこと、次第にこちらの方に述べようと思います。

今後も、サイトを中心として、内容が異なる複数のブログを運営していくことになります。

堅いこと、政治や経済のことも述べますが、私はごく一般的な日本人であると思います。
考え方は、社会のモノサシでは右ということになるでしょうが、
そのようなモノサシがおかしいとおもっています。

ごく一般的な日本人であり、第一の人生を卒業した、比較的自由に物が言える立場です。
世界の平和と繁栄、21世紀文明、日本文化と日本文明などのつき述べます。
日本女性につきましては、アメーバブログの方がメインです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2012-04-14

タイトル「日本の危機を克服し日本人が生き残り、21世紀の地球人類文明を創造しよう」



現在、ブログのコンテンツを検討しています。
試行錯誤しています。





タイトルを
「日本の危機を克服し日本人が生き残り、21世紀の地球人類文明を創造しよう」
に、再び変更します。




地球はひとつ、人類はひとつ、文明もひとつになりつつあります。 
日本の危機を克服するための戦略。
日本人が生き残るための智慧と備えの情報。
2012-04-13

2008年に書いた記事のようになってしまった。

このブログは2008年に「はじめに」を書いたまま、2012年4月まで、長期間放置をしていました。


2012年の今日、今読み直してみると、2008年に書いた記事のように、なってしまいました。


今回、公開するに当たり、
「ファイン メディア コンテンツ」に名称を変更し、
ブログ名を「ひとつの世界の創造と日本の創造戦略」から、
「ひとつの世界に創造と日本の文化・文明・芸術」に変更しました。




かなり前から、予言されていたことではありますが、
現実に東日本大震災が起きてしまうと、恐ろしくなります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。