--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-07-10

日本の周囲が極めて危険な状態の時に、日本を守る準備を大至急やる必要がある。

日本の周囲が極めて危険な状態の時に、日本を守る準備を大至急やる必要がある。

中華人民共和国と戦争をしないということは極めて重要です。

中華人民共和国内部で、すでに複数の有力者一族が、国外脱出して逃げていることは事実です。

中華人民共和国が行き詰まり、
日本などの周辺諸国に攻撃を仕掛けてくる恐れもあります。

日本を守るためには、日本が戦後防衛力の整備を怠ったために、
日本だけの力では不可能で、
日米同盟をはじめとする西側諸国との連携が重要です。

平和を達成しうるためには、
全くの丸腰で、神様に祈ったり、戦争反対のデモをやるのではなく、
日本を攻めることを諦めさせる防衛力と、それを施行する法整備が必要です。

中華人民共和国も、大韓民国も、自国民の不満が政府に向かないようにしています。
国民の大多数が生まれる前、どちらの国も建国前の日本を悪くでっちあげて、国民の不満を外に向けているのです。
もっとも困る事態は、両国国民が、無秩序に舟で国外に脱出して、海を渡ってくることです。
そうならないように、上陸前に制止するしか、方法はありません。
きらいな日本から脱出して、日本には来ないでください。

憲法を改正するのは、
筋論としてはそのとおりなのですが、
事態は切迫しており、間に合いません。

中国との戦争を避けて、
南北朝鮮の問題に介入しないということについては、
日本人であれば、左も、右も、考え方は、ほぼ一致しています。
反日韓国のために、日本の若者を戦争に行かせることは、
右翼も、左翼も、中道も、日本人ならば全員反対です。

問題は、韓国、在日が、中国と一緒になって、
日本を攻めてくる、内部撹乱をする可能性があることです。
日本のマスコミは在日の影響下にあります。

集団的自衛権反対として、
首相官邸を包囲していたことを報道するデモの映像に、
福島瑞穂(在日)と思われる姿が映っていました。
だいぶ事情が読めてきましたね。
従軍慰安婦を捏造した元凶が、福島瑞穂であると、ネット界では言われています。

本日、近くの駅で、集団的自衛権の反対の演説をやっているのは、
草稿を棒読みしている中年女性でまったくの素人。
聞いている人は全くいません。
日本共産党ではなかったですね。
共産党であれば、日本共産党と名乗るし、もう少し演説がうまい。

韓国政府が朝鮮戦争時の元従軍慰安婦によって訴えられました。
韓国の従軍慰安婦は、韓国の内部問題で、日本人はお客さんだったのです。
韓国人の元従軍慰安婦が真実を述べ始めました。
慰安婦を強制連行したのも、性奴隷にしたのも、
当時の韓国政府であったことが、明らかになりました。
次第に韓国人は自国政府の言っていることが嘘であると認識してきました。


現在、中国首脳と韓国首脳が会談するのか、しており、
北朝鮮が日本海に向け、ミサイルを発射しました。

中国が戦争の準備をして、日本など周辺諸国を侵略しようとしています。
韓国が中国によりそって、日本攻撃をたきつけている感じです。
自分の国、自分の民族は、自分で守るしかないのです。
日本以外の戦闘であっても、同盟国アメリカの後方支援は絶対に必要。
朝鮮戦争でも、日本は戦後間もない時期であるのにもかかわらず、
米軍特需を生産し、米軍の後方支援をしたからこそ、
日本は独立を果たして、日本経済は復興したのです。


日本の周囲が緊迫しており、
日本が攻撃される恐れがある今日、
防衛力を強化する、防衛関係の法整備は、緊急課題。

中国・韓国から攻撃されないように、
アメリカに引きずられすぎないように、
注意をしながら、防衛体制の整備しよう。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。